忍者ブログ

てつろま2nd

2017年5月1日から、ブログ名を「鉄」の浪漫紀行@2nd-Editionから、「てつろま2nd」に改めます。 当ブログは、鉄道写真・乗り鉄・鉄道リポートおよび鉄道模型を扱うブログです。のんびりまったりしながら、ご覧くださいませ。

鉄道コレクション・静岡鉄道A3000形(Clear Blue)がやって来た。


予約していたトミーテック製の鉄道コレクション「静岡鉄道A3000形(Clear Blue)」を2セット分を購入。2セット分購入した理由につきましては、この記事の下記に書いております。


これが静岡鉄道A3000形(Clear Blue)斬新な前面形状が特徴。
カラーリングは富士山をイメージにした色となっています。
今回、Nゲージ走行対応取り付け済み。


A3000形のサイドビューです。
A3001
パンタグラフはトミックス製のC-PS27N、台車はトミーテック製のTT-04Rを使用。


パンタグラフが付いていない車両はA3501。
アンテナは後方に付いています。(※取り付けの際、アンテナの向きに注意。)


もう一方、2セット分購入した理由は、
何と「架空路線向けの転用車」として設定。
もちろん塗装につきましては変更する予定です。
A3000形(デフォルト)と架空路線向け転用車の違うところはどこかな・・・?


答えは、アンテナの取り付ける場所が異なる点です。
2両編成なので、架空鉄道向けの車両として、大都市や中規模都市の近郊の小さな路線や、地方のローカル線、ワンマン対応の路線に向いている車両ですよ。

静岡鉄道のA3000形、見た目はすごい立派な車両だけに、架空鉄道が好きな僕にとって車両的にもいい刺激になったんじゃないかなと感じております。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログへ

拍手[0回]

PR

【鉄道模型】鉄コレ第24弾に、あのサンパチ君がやって来た

トミーテック製の鉄道コレクション第24弾に、国鉄形電車の車両がラインナップし、そのうち、「迷列車」の代表格である「サンパチ君」と呼ばれていた113系3800番台も含まれている。今回は「サンパチ君」をピックアップすることに。


これが113系3800番台「サンパチ君」(既に、2008年8月に引退)


写真上の113系(クモハ112)は真顔の姿。
本来なら、クモハ112-3813(片パン車)になるはずだが、いわゆるシークレットでしょうか?クモハ112-3802(両パン車)が入っていました。現段階ではパンタグラフと台車はNゲージ走行化対応しているが、まだ交換していない段階です。


一方、クモハ113(クモハ113-3813)は中間車から先頭車化にした改造車。クーラーの位置もずれていて、ランボードが異様に長いのが特徴。

 
出たー!サンパチ君の象徴する顔です。旧型車を彷彿する顔、安っぽいサンパチボードも付いています。やっつけ仕事で魔改造した車両なんです。


魔改造クオリティーが強い113系3800番台、正面の行先表示器は「手動」で切り替えていたから他の車両と比べて安っぽい車両と言ってもおかしくありません。でも、電車としては面白い車両なので、とても気に入っています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ

拍手[0回]

東急東横線・祐天寺駅の中線(通過線)を見る

2017年3月25日のダイヤ改正から使用を開始した東急東横線・祐天寺駅構内の中線(通過線)、主に祐天寺駅を通過する渋谷方面の優等列車で使われます。今までは2面2線だった祐天寺駅は大規模工事により、2面3線の構造に。今回のダイヤ改正から一部の列車が祐天寺駅での通過待ちもあり。特に土休日ダイヤでは祐天寺駅で、東急線初の座席指定列車「Sトレイン」の通過待ちが見られるようです。


渋谷寄りを眺めます。


横浜方面を眺めます。
まるで西武新宿線の中井駅や、JR武蔵野線の東浦和駅や南流山駅、市川大野駅でも祐天寺駅同様2面3線で中線が抱える駅の構造となっている。


★今回の収穫

横浜高速鉄道Y500系(赤レンガ倉庫開館15周年ラッピング車)
横浜高速鉄道Y500系(赤レンガ倉庫開館15周年ラッピング車) posted by (C)Morizou128
この日、祐天寺駅に来たY500系が2本やって来たものも、いずれも横浜赤レンガ倉庫開館15周年記念のラッピング車だったので、気付いてみれば、15周年記念のラッピング車は2編成有ることだったのだ。

【動画】祐天寺駅中線を通過する東京メトロ10000系です。

拍手[0回]

東武8000系・ツートンカラーを見る(越生観梅号HM付き)

東武東上線に乗って小川町に寄る機会があったため、たまたま、小川町駅に停まっていたのが東武8000系としてみればインフレナンバーの81107Fのリバイバルツートンカラー編成である。
今回、81107Fをピックアップしてみよう。


81107(池袋寄り先頭車)


84107(寄居寄り先頭車)


ツートンカラー当時のナンバー表記を再現。5桁の8000系に違和感あり。
インフレナンバーの8000系81107Fは、新造当初はセイジクリームだったような気がします。


越生観梅号のヘッドマークは、越生町のマスコット「うめりん」をデザインにしたヘッドマークである。2017.3.5と書いてあるのは、2017年3月5日に、池袋~越生まで直通する臨時列車「越生観梅号」が 運転したばかり。このヘッドマークは、2017年3月20日までヘッドマークを掲出する予定です。

でも、この日は小川町~寄居間で充当しておりましたので、越生には行かない「越生観梅号」になってしまいました。(笑)

写真は東武東上線 小川町にて。
撮影日:2017年3月10日
撮影者:Morizou128@管理人

拍手[0回]

西武40000系「S-TRAIN」の試運転を撮る

2017年3月25日から運転を開始する西武鉄道の新型車両40000系「S-TRAIN」、試運転シーンの模様を東京メトロ有楽町線・副都心線の和光市駅で見る事ができました。その模様をお届けします。

西武40000系「S-TRAIN」試運転シーン
西武40000系「S-TRAIN」試運転シーン posted by (C)Morizou128
和光市駅に姿を現した西武40000系「S-TRAIN」試運転列車、
西武の駅でもないのに、両方とも西武車(左側は西武6000系)が停車中です。

 
車体部分を眺めます。
大きな窓(黄色の枠)がパートナーゾーン

 


TJライナーと同じL/Cの座席だが、この日はロングシート配置のパターンでした。

撮影場所:和光市駅
撮影日:2017年2月20日
Morizou128@管理人がスマホで撮影したものです。

拍手[0回]